FileZilla(ファイルジラ)の使い方や設定方法を解説【無料FTPソフト】

File Zillaの画像

ウェブサイトを独自ドメインで運営していく上で、「FTPソフト」は必ずインストールしておくべきソフトです。

WordPressなどで、自分のサイトを編集していた際に、間違ったコードを打ち込んでしまうと、画面が真っ白になって管理画面にすら入れなくなってしまうという事態に陥ります。

そうなると、今までの努力が水の泡になってしまいますよね。

サイト運営をしていく上で必要最低限のリスク管理ともいえるのが、この「FTPソフト」というもの。

FTPソフトは、サーバーに保存されている自分のサイトを直接編集することができるソフトです。

今回は、私も愛用している 無料のFTPソフト「File Zilla」の使い方から設定方法などを解説していこうと思います。

FTPソフトとは?

FTPとは 「File Transfer Protocolの略で、サーバー(土地のようなもの)とクライアント(私達のウェブサイト)の間で、ファイルの送受信をする際の通信の規約のようなものです。

簡単に言えば、自分のパソコンから直接サーバーにファイルを送ったり、逆にサーバーから自分のデータを直接パソコンに取り込むことができる仕組みのことをいいます。

自分で取得した「独自ドメイン」を使ってサイトやブログを運営していれば、このFTPソフトというのは言わずもがな使うことになるでしょう。

WordPressを例に出すと、サイトのカスタマイズの際にコードを変更したりするのですが、

そのコードが適切でなかったりすると、サイトが正常に機能しなかったり、そもそもサイトにログインできなくなってしまったりします。

しかし、この FTPソフトがあれば簡単に直すことができます!

そこで今回は、筆者も愛用している 無料FTPソフトをご紹介したいと思います。

File Zillaをインストールしよう

File Zillaの画像

無料FTPソフトは数多くあり、CyberduckFFFTPなどがあるのですが、個人的に一番気に入っているのがこの「File Zilla」です。

バグも少なくスムーズにサーバーとのやり取りができているので、今の所File Zillaをメインに使っています。

ちなみに、Windows版「FTPソフト」の人気ランキングでは一位を獲得していました。

もちろん、Windowsとmacに対応済みです。

それでは、お持ちのPCに対応したFile Zillaをダウンロードしていきましょう。

Windows用の「File Zilla」はコチラ
mac用の「File Zilla」はコチラ

ダウンロードが完了したら、File Zillaを開きます。

File Zillaの使い方や設定方法を解説

それでは、いよいよFile Zillaの使い方を解説していきたいと思います。

手順1 自分のサイトにアクセスしよう

File Zillaを開いたら、まず左上の 「ファイル」をクリックしてください。

するとこの画面になるので、 「サイトマネージャー」をクリックしてください。

File Zillaの設定方法

手順2 自分のサーバー情報を入力しよう

ご自身が契約をしているサーバー情報を入力してください。

サイトマネージャー設定方法
  • サーバー : FTPホスト名(FTPサーバー名)
  • ユーザ名 : FTPユーザー名
  • パスワード: FTPパスワード

これらの内容は、ご自身がレンタルサーバーを契約したときに送られてくるメールに記載されているのでチェックしてみてください!

エックスサーバーで契約した場合は「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ (試用期間)」というメールに記載されています。

サーバー情報

手順3 サーバーに接続しよう

ご自身のFTP情報を入力したら、 「接続」をクリックしてください。

File Zilla サーバー接続

するとサーバーとローカル(自分のパソコン)の接続が確立され、 「ディレクトリ リストの表示成功」となったら、接続完了です。

まとめ

いかがでしょうか?

サイトのいじっていて「ログインできなくなった…」とかになると後の祭りなので、運営を始める前に設定をしておくことをオススメします。

FTPソフトはいろいろあるので、自分にあったソフトを探してみるのもいいでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA