Search Consoleの登録・設定方法や使い方(サイト管理)を解説!

Google Search Consoleは、Googleが提供している無料のサイト管理サービスです。

今回はサイト運営には欠かせない「Google Search Console(サーチコンソール)」の設定方法から使い方までを解説していきたいと思います。

Google Analyticsと同じく簡単に利用できるサービスなので、手順に沿って登録してみてください!

Search Consoleの設定方法

以下の手順に沿って、Search Consoleの設定をしてみてください。

1. Googleアカウントの取得

まず、Search Consoleを利用する前に、Googleアカウントを取得しましょう。

Googleアカウントの取得方法

アカウントをお持ちの方は、スルーして大丈夫です。

2. Search Consoleへの登録

Googleアカウントが開設できたら、Search Consoleのページを開いてください。

まずは、自分のサイトのURLをSearch Consoleに登録します。

プロパティを追加を押すと、以下のような画面になります。

GoogleSearch Consoleプロパティを追加

すると、以下のような画面になります。

Search Console認証でドメインを選択

どちらを選択してもサイト認証は可能なのですが、今回は左側の 「ドメイン」を選択します。

右側の「URL プレフィックス」でも認証は可能なのですが、サイトがhttps化できていなかったりするともう一度設定し直す必要が出てきて二度手間なので「ドメイン」で選択されることをオススメします。

URLを打ち込む欄に、ご自身のサイトURLの 「https://以下~」を入力し、 続行をクリックします。

3 . サイト所有権の確認

Search Consoleのサービスを利用するのには、Googleにサイトの所有権を確認してもらわなければいけません。

そのためには、以下の画像②の < TXT レコード)>をコピーしてサイト内のheadタグに埋め込みます。

DNSレコードでのドメイン所有権確認

「TXTレコード」は簡単に言うと 「合言葉」ようなもので、自分のサイトに埋め込みそれを確認したGoogleは、サイトの所有権があなたにあるものだと判断してくれるというわけです。

⇒ head タグへの埋め込み方

Search Consoleの使い方

Search Consoleの中で最もよく使う機能は、 Fetch as Googleという機能だと思います。

これは、サイトを更新したときに検索エンジン上に即座にインデックス(検索をしたときに自分のサイトがすぐに表示される)ようになるというものです。

2018年12月13日から、Search Consoleが新しくなって、「Google Search Console」とバージョンアップし、Fetch as Googleという機能自体は実質廃止されました。

しかし、Fetch as Googleの効果のある機能がなくなった訳ではなく、ほぼ同等の効果を果たす機能も追加されました。

⇒ Fetch as Googleの代わりになる機能はこちら

まとめ

いかがでしょうか?

Search Consoleは、サイト運営をしていく上では必須ともいえるサービスですので、是非使いこなせるようになってみてください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA