WordPressでGoogle Analyticsの導入・設定方法を解説!【初心者でも簡単!】

Google Analyticsの導入・設定方法を解説

Search Consoleに引き続き、サイト運営をするなら登録しておきたい「Google Analytics」の設定や導入方法について解説したいと思います。

Google Analyticsとは?

Google Analyticsとは、Googleが提供する アクセス解析ツールのことです。

Google Analyticsを使えば、 自分のサイトを訪れたユーザーがどのような行動を取っているのかが簡単に分かります。

  • 【セッション数】:サイトの訪問者数
  • 【流入経路】:訪問者はどこからきたのか?
  • 【離脱数】:訪問者はどのように去っていったのか?
  • 【滞在期間】:滞在時間はどのくらいか?
  • 【閲覧端末】:サイトのを訪れた端末はPCかスマホか?

などです。

Google Analyticsの導入・設定方法3ステップで解説

ステップ1. アカウント登録とトラッキングIDを取得

まずは、Googleアナリティクスに登録するGoogleアカウントを作成しましょう。

Googleアカウントは、GmailやGoogleのサービスを利用する際にすでに登録している方も多くいらっしゃると思います。

<Googleアカウントに登録しているか確認するのはコチラ>

Googleアカウントの登録が済んだら、 Google Analyticsのサイトにアクセスし、「お申し込みはこちら」を押してください。

すると以下のような画面になるので、必須項目を入力していきましょう。

入力画面では、主に以下の項目を選択します。

  • 【アカウント名】:任意の名前を入力(サイト名やドメイン名がおすすめ)
  • 【ウェブサイトの名前】:自分のサイト名を入力
  • 【ウェブサイトのURL】:Google Analyticsを設定するサイトのURL
  • 【業種】:登録するサイトの内容に最も関連する業種を選択
  • 【タイムゾーン】:日本を選択
  • 【職業】:登録するウェブサイトの内容と関連する業種を選択

入力が完了したら、「トラッキングIDを取得」をクリックしましょう。

ステップ2. Google Analyticsとサイトを紐付ける

トラッキングIDが取得できたら、以下のようなページになります。

赤枠で囲ってある「トラッキングID」「トラッキングコード」は後ほど使うので、パソコンのメモ帳か何かにコピーしておきましょう。

それでは、いよいよGoogle Analyticsと自分のサイトを紐付けていくのですが、その方法は主に二通りあります。

方法1. プラグインを使う

私がオススメしている方法は、プラグインを使って紐付ける方法です。

Google Analyticsとサイトを紐付るプラグインはいくつかあるのですが、ここでは非常に簡単に設定できる「All in One SEO」を使っていきます。

WordPressのプラグインの「All in One SEO pack」をインストールしたら、有効化しましょう。

有効化したらWordPressのメニューの欄に「All in One SEO」が表示されるのでクリック。

一般設定にある、「Google 設定」⇒「Google Analytics ID」の中に、先程登録した「Google AnalyticsのID」を入れ一番下の「保存」をクリックすると、自分のサイトとGoogle Analyticsの紐付けは完了です。

Google Analyticsをall in one seoで設定する方法

方法2. トラッキングコードを直接サイトのHTMLに埋め込む

トラッキングコードを直接サイトに埋め込む方法が一番確実に紐付ける方法なので、プラグインで上手く紐づけ(計測)が出来なかった場合には、この方法でやってみることをおすすめします。

先ほど取得したGoogle Analyticsのアカウントページの「トラッキングコード」を自分のサイトに埋め込んでいきます。

そしてWordPressに戻り、以下の手順を追って下さい。

  1. テーマエディター(テーマの編集)
  2. 編集するテーマで使用しているテーマを選択
  3. テーマヘッダー(header.php)をクリック
head.phpの編集方法

テーマヘッダーの編集画面になったら、</head>の上にトラッキングコードを埋め込んでいきましょう。

トラッキングコードを</head>タグの直前に埋め込む解説画像” class=”wp-image-396″/></figure>



<p>この時改行はしてもしなくて大丈夫です。</p>



<figure class=トラッキングコードを</head>タグの直前に埋め込んだ画像” class=”wp-image-398″/></figure>


<div style=</head> タグがどこにあるのかわからない場合は、「Ctrl+F 」で検索窓を表示し、head と検索すればすぐに見つけられます。