WordPressでサイトのグローバルメニューの作成設置・編集方法を解説!SEOにも有効?

グローバルメニューの 設置・編集方法を解説!

このページでは、WordPressでサイトを作った時にグローバルメニューを作る方法やれ編集方法について解説していきたいとおもいます。

グローバルメニューって何?

まずは、グローバルメニューとは何ぞや?というところをご説明します。

グローバルメニューとは、常にWebサイト上部(ヘッダー)に表示されるメニューのことで、グローバルナビとも言います。

グローバルメニュー、グローバルナビ

サーバーにWordPressをインストールしたばかりだと、グローバルメニューにはほとんど何も表示されていません。

グローバルメニューを設置することで、見栄えの良いサイトを作ることができますし、SEO的にも有利になります。

何より、ユーザーの方に快適なサイト閲覧をしていただくためにもやはりグローバルメニューは設定しておいたほうがいいでしょう。

そこで今回は、 WordPressでサイトのグローバルメニューの作成から設置方法まで解説していきたいと思います。

WordPressでサイトのグローバルメニュー作成・設置方法

まずはじめにグローバルメニューをクリックしたときに表示されるページを作成していかないといけません。

ここでのページ作成は、普通の記事投稿ではなく「固定ページ」の編集から行います。

まずはWordPressのメニューにある「固定ページ」「新規追加」をクリックして下さい。

固定ページで新規作成

するとこのような画面になるので、「タイトル」と「本文」を記入して公開をおしましょう。

固定ページの投稿

これで、グローバルメニューに表示させる固定ページが完成しました!

WordPressでサイトのグローバルメニュー編集方法

それでは、今作った固定ページをグローバルメニューに表示させていきましょう。

WordPressのメニューにある「外観」⇒「メニュー」をクリックして下さい。

外観のメニュー

すると、先程作った固定ページが表示されているのが分かります。

そこにチェックを入れ「メニューに追加」をクリックします。

固定ページをメニューに追加

すると横のメニュー構造に、新しいメニューが追加されました。

メニュー名ですが、自分が作ったメニューの一覧を指し示す名前なのでお好きな名前を入力しましょう。

分かりやすいように「ナビ」とでも入れておくといいでしょう。

固定ページがメニューに追加された

ここで赤枠の中の「固定ページ ▼」をクリックし、ナビゲーションラベルの編集を行います。

ナビゲーションラベルとは、グローバルメニューに表示される文言のことです。

固定ページがグローバルメニューに追加された画像

先程作った固定ページのタイトルをそのまま入力してもいいのですが、あまりにも長い場合は簡潔に書くといいでしょう。

ナビゲーションラベルを変更

固定ページのタイトルがそのままグローバルメニューの名前になるわけではないので、ナビゲーションラベルは必ず設定しましょう!

これでグローバルメニューの設置は完了です!お疲れ様でした^^

上級者向けの設定

デフォルトでは、グローバルメニューとフッターメニューは同じ内容になる設定なのですが、フッターには別の文言を表示させたいということも出てくるかとおもいます。

BizMeのサイトでは、サイトのヘッダー(上)とフッター(下)にそれぞれ違うメニューを設定しています。

BizMeのグローバルメニューとフッターメニュー
  • グローバルメニュー:ホーム / 運営者情報 / WMA~Webマネタイズアカデミー~ / サイトマップ / ご利用上の注意・プライバシーポリシー / お問い合わせ
  • フッターメニュー:運営者情報 / 特定商取引法に基づく表記 / ご利用上の注意・プライバシーポリシー / サイトマップ

このように、グローバルメニューとフッターメニューを別々の文言にするためには、メニューを複数作りそれぞれ設定行きましょう。

まず、先程のページにある「新しいメニューを作成しましょう」をクリックしましょう。

すると以下のような画面になるので、新しいメニュー名を入力し作成します。

新しいメニューを作成

ここでは、グローバルナビに表示させるメニューを「ナビ」、フッターナビに表示させるメニューを「フッターナビ」という名前にしました。

複数のナビを作成_グローバルナビとフッターナビ

そして、グローバルメニューの編集画面(左)では、メニュー設定の

  • グローバルナビ
  • グローバルナビ(スマートフォン)

にのみチェックをいれます。

一方フッターナビの編集画面(右)では、

  • フッターナビ

にのみチェックを入れ、「メニューの保存」をクリックすれば設定完了です。

グローバルメニュー設置はSEO強化にもなる?

このように、グローバルメニューにあるページは、サイト内のどのページを閲覧していても表示されます。

よって、検索エンジンのクローラーが毎回毎回巡ってくるのでSEOにも効果があると言われています。

情報発信をしているような企業サイトなどは、グローバルメニューをカテゴリー代わりに使って、メニューに入っているキーワードのみで検索エンジンに上位表示することもできます。

そのサイトで上位表示したい最も重要視するキーワードを固定ページで使用し、グローバルメニューに表示させておくのもSEO上効果的と言えます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

グローバルメニューはSEOを強化してくれるというメリットだけでなく、読者が見たい記事を簡単に検索できるというメリットもあります。

是非まとまりのあるスタイリッシュなサイト作りのため、グローバルメニューを設置してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA