仕事の不安を解消するコツをまとめてみた

仕事 不安 解消

仕事に対する不安って、いつの時代も誰にでもあるものですよね。

仕事の不安が積もり積もって、体調を崩したり精神に問題を起こしたりして休職に追い込まれるケースも多々ありますよね。

そもそも仕事の不安って何なのでしょうか?

  • 金銭面?
  • 給与面?
  • 将来性?
  • 知識面?
  • スキル面?
  • 対人関係?
  • 精神面?

まーいろいろあると思います。

(※それぞれの解決策に関する記事は今後更新していくので良かったらチェックしてみてください!)

そこで今回は、そんな「仕事の不安」全般を解決できるちょっとしたコツをまとめていきたいと思います。

仕事の不安を解消するコツ

不安なことを書き出す

不安に思うことをとにかく書き出してみましょう。

私はいったい何について悩んでいるのだろうと、漠然とした不安に悩まされる人も多いです。収入面?将来性?いったい何について不安に思っているのかずらーっと書き出してみましょう。

何を解決すればいいのか分からなければ解決のしようがありませんよね、ですのでまずは問題を洗い出します!

また、自分の気持ちを書いて可視化するという行為は頭が整理され気持ちを整える効果があります。

ここでは「書く」という行為が重要なので、パソコンやスマホに打ち込んでも効果は半減してしまいます。

そんな筆者も日記をつけていて「ほぼ日手帳」というのを使っています。

ほぼ日手帳

出典:https://www.1101.com/store/techo/2009/basic/

ごちゃまぜ日記にしていて、目標とか、今日あったこととか、消費・摂取カロリーとか、トレーニング頻度とか、アイディアとか、なんでもありにしています。

ともあれ日記は気持ちを書き出すことは、それだけですっきりしたりするのでめちゃくちゃ効果的です。

 

自分の不安要素を録音して聞いてみる

これは他のサイトで見つけたのですが、かなり効果がありました!

ちょっと照れくさいですが、自分の悩みを俯瞰できるので冷静に解決策を考えられるようになります。

さらには気持ちが落ち着くという効果も!前述した日記の口頭バージョンといったところでしょう!

やり方はコチラ↓

内蔵されているボイスレコーダー機能を立ち上げください。そして、自分が悩んでいることを、過去(原因)・現在(状況)・未来(不安)といった時系列に沿ってマイクに吹き込むのです。録音後は、吹きこんだ自分の声を聞くだけ。

たったこれだけのことですが、自分の悩みを客観的に捉えることができるため、解決の糸口が見えてきます。

引用:https://furikake.doda.jp/article/2018/09/10/83.html

 

家族や友人に相談してみる

昔からよく言いますよね「話せば楽になるよ」べったべたです。

もうマジです。自分の中で解決できたつもりでも、人間やっぱり愚痴を言いたい生き物。言葉にして吐き出すことでストレスによる脳圧が下がりかなり気が楽になります。

また、相談することで自分だけじゃ思いつかなかった方法なども知ることができますし、人と話すことで自分の意見がまとまり良いアイディアが降ってくることもしばしばあります。

しんどくなったら人に相談する。これが一番です!

 

ネットを活用する

インターネットが発展しだしたころ、ネットの記事は誰が書いているか分からないから信じちゃダメよ!とよく言われていましたが、今はネットユーザーも賢くなってきて、”ウソ松” などとウソを見抜けるようになってきました。

さらにはネットに上がるコンテンツが相互監視され、口コミなどで簡単に情報の信ぴょう性が確認できます。(もちろん詐欺コンテンツもまだまだたくさんあり、それを煽るようなマーティングがなされているのも事実ですが…)

話は逸れましたが、仕事の悩み、職場関係の悩みや解決法はネットで検索したら結構でてきます。

  • ネットの掲示板
  • 知恵袋
  • お悩み相談系のサイト・ブログ

最近はこの三つ目の「こんなときはどうする?」「○○する方法、○○するには?」などの質問に答えてくれるお悩み相談系のサイトが多いです。

仕事ごと業種ごとの関連のサイトもありますし、より幅広いニーズに対応するハウツーが紹介されていますよ!スマホでもすぐ調べられるので、便利な時代になりましたよねぇ~

(※お金関連の詐欺コンテンツには注意してくださいね!!)

 

書籍を読む

人生の先輩方が残してくれた書籍はやはり知恵や勇気をもらえます。

この記事を読んでいる方の中には人に相談できず困っている方もいらっしゃると思います。

そういう時はぜひ本を読んでみてください!

自己啓発本もいいですが、自分が尊敬する人過去の偉人の伝記など読むといいでしょう。また違った視点が見えてきて気持ちが楽になりますよ。

 

精神論に頼る

筆者は精神論とか根性論はあまり好きではありません。が、時には精神論はとても大きなパワーをくれることもあります。

ギリギリの精神状況になった時、どうにもこうにも解決策が見つからない、八方ふさがりで首が回らない状況になった時、もう理詰めではどうにもなりません。

人間は感情の生き物なので、理詰めでは感情を変えることは難しい時もあります。

そんな時は精神論の本を読みあさりましょう!!笑

精神論と称して紹介しますが『引き寄せの法則』『思考は現実化する』など基本的マインドセットの書籍なのでおススメです!超有名なのでご存知の方も多いと思います。

この本は精神論と誤解されているように感じますが決して精神論ではありません。論理的に解説した記事もあるので参考までに見てみてください!(後日リリースします)

 

他人と比較しない

自分の幸せややりがい・仕事内容などは他人と比較するべきではありませんが、時にはアイツも頑張っているのに俺も頑張らなきゃ!あいつに負けて悔しい…絶対勝ってやる!!と他人と比較することも大事です。

「自分のペースで頑張ればいいよ」というのは、気持ちが弱っている人には必要な言葉ですが、誰にでも言うのは無責任な言葉だと思います。

やっぱり人間頑張るべき時は頑張らないといけないし、他人と比較することで頑張れることもあります。

 

とにかく行動し続ける

不安に押しつぶされてしまうときでも、動かなければ始まりません。不安を解消するにはその不安の種を取り除くしかないのです。

不安の種を取り除くことに集中し、行動しているときには不安はさほど感じない。何もせずただ漫然と時を過ごしている方が猛烈な不安感に苛まれます。

知識がなければ知識をつけるべきだし、収入面に不安があるのであれば、収入を増やす行動をとり続けるべきだし、仕事の不安は仕事でしか解消できないのです。

強迫観念によって行動するのももちろん大事ですが、わくわくして行動するのも大事です。

環境を整えて、兎にも角にも解決の糸口が見えるまでひたすら行動し続けることですね!

 

何も考えない

最終的には何も考えないことが賢明です。

といっても不安要素に対して思考停止になれということではありません。笑

今現状悩んでいても解決できない、どうしようもないことだったら考えても無駄です。考えれば考えるほど気が沈みますし、行動するための心のパワーもなくなってしまいますからね。

そういう時はスポーツをしたり飲みにいったり趣味に没頭して気分を変えましょう!

 

まとめ

いかがだったでしょうか?私がビジネスをしている中で、不安に思っているときに意識するポイントをまとめてみました。

仕事の悩みといっても幅広いので細かいところまでは本記事では紹介できませんでしたが、また他の記事で拾っていくのでよかったらチェックしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です